代理店手数料から見る自動車保険

軽自動車の任意保険の見直しでは保険料をいかに下げるかが重要なポイントの1つです。
もちろん安さだけを求めて補償内容がスカスカになって、いざという時の事故の時に使えないような保険にならないようにしないと危険ですよね。

 

軽自動車の任意保険では普通自動車に比べて割安な料金になっていると思われがちですが、車両以外は普通自動車とほぼ同一価格です。
そのため、補償を削れば保険料が下がるのは当然としても出来る限り補償は削りたくないものです。

 

そこで軽自動車の任意保険で保険料を下げるポイントは保険の代理店手数料です。
軽自動車の自動車保険は代理店型とダイレクト型の2種類が存在しますが、やはり担当がしっかりしている代理店型は人気が高いです。
保険の代理店手数料は保険を契約する際に代理店やディーラーで行った際に保険料に入っている料金のことです。手数料については表立って明細があるわけではないのですが、インターネットや電話での契約をするとこの部分が無くなるので保険料が安くなる事が多いのです。代理店手数料は代理店がお客様のところに直接いって説明し、契約のお手伝いをする料金です。そのため、必要と考える方も多いのですが、インターネットや電話で自分で契約まで進めるということであれば手数料を下げられる分、保険料はお得になります。インターネットでの申し込みが一番安く契約できますが、ホームページからの申し込みは怖いという方も多いですが、現在のホームページは各社とも分かりやすくすることに力を入れているので全くの初心者でも契約まで進めることはできると考えられています。
免許書や自動車車検証を用意すれば、数分の入力作業で、各保険会社数十社に一括で見積もりが出せます。
様々な会社で見積もりを出すことで、内容の差もわかりやすくなりますし、保険料の差も一目瞭然です。

  • 2014/11/28 14:33:28